ARC所蔵・寄託品 浮世絵データベースResults(Thumbnail Only)

226 of 201 to 226 items

English»

record(s), and display datas per pages

Sort & refine «First <Prev New search     Thumbnail & Data   Medium images

Click on a thumbnail image in order to access a larger image of the item and information about it.

arcUP7278嘉永05・02・「嘉永五歳子二月十九日千日へ葬ス」「歌成院翫雀日竜信士」「行年五十五歳」〈4〉中村 歌右衛門arcUP7603嘉永05・02・「中村歌右衛門」「浪花中寺町 浄国寺」「妙法院翫雀歌曲信士 二月十七日 行年五十八才」〈4〉中村 歌右衛門arcUP7606嘉永05・02・17「中村歌右衛門」「浪花中寺町 浄国寺」「法名 歌成院翫雀日光信士」「二月十七日八ツ時 行年五十五才」〈4〉中村 歌右衛門arcUP7607嘉永05・02・-「嘉永五子二月十七日 歌成院翫雀日光信士 中村歌右衛門 行年五十五 大坂中寺町浄国寺葬」平相国清盛〈4〉中村 歌右衛門arcUP8047嘉永05・02・「歌成院翫雀日光信士」「嘉永五子二月十七日 行年五十八才」「中寺町 津国寺」〈4〉中村 歌右衛門arcUP8080嘉永05・・豊国〈3〉「朝妻ノ役 風折」「江口ノ役 妻琴」浅妻ノ役 風折〈2〉尾上 菊次郎、江口ノ役 妻琴〈1〉坂東 しうか
arcUP8081嘉永05・・豊国〈3〉「工藤ノ役 頼連」「一万ノ役 かん菊」工藤ノ役 頼連〈3〉関 三十郎、一万ノ役 かん菊〈2〉沢村 源平
arcUP8082嘉永05・・豊国〈3〉「箱王ノ役 立花」「五郎丸ノ役 朝毛乃」箱王ノ役 立花〈13〉市村 羽左衛門、五郎丸ノ役 朝毛乃〈5〉沢村 長十郎arcUP8085嘉永05・12・豊国〈3〉、広重〈1〉「東都高名会席尽」「橋もと」「牛若丸」牛若丸〈3〉岩井 粂三郎arcUP8182嘉永05・08・豊国〈3〉「十一月六日 子の刻 火性の人うけニ入」「ふの字づくしのいはひうた」arcUP8296嘉永05・01・国芳「犬塚信乃」「犬飼現八」「こなや文五兵衛」犬塚信乃〈1〉坂東 しうか、犬飼現八〈3〉関 三十郎、こなや文五兵衛〈4〉大谷 友右衛門arcUP8297嘉永05・01・国芳「犬田小文吾」犬田小文吾〈3〉嵐 吉三郎arcUP8338嘉永05・10・広重〈2〉「本朝武勇鏡」「平忠盛」「油坊」BN03828959-2-19嘉永05・12・国芳、芳鳥「山海愛度図会」「卅八」「えりをぬきたい」「遠江須之股川 ☆」arcUP8639嘉永05・10・国貞〈2〉「当十一月六日 有卦入富寄 火性の祝」「不破伴左衛門」「芙蓉方」不破伴左衛門〈8〉市川 団十郎、芙蓉方〈3〉岩井 粂三郎arcUP8640嘉永05・10・国貞〈2〉(「当十一月六日 有卦入富寄 火性の祝」)「ふみ売」「ふか七」「筆助」文売〈1〉中村 福助ヵ、ふか七〈5〉市川 海老蔵、筆助〈4〉市川 小団次arcUP8641嘉永05・10・国貞〈2〉(「当十一月六日 有卦入富寄 火性の祝」)「ふし娘」「深草少々」藤娘〈1〉坂東 しうか、深草少将〈3〉助高屋 高助arcUP8897嘉永05・02・広貞〈4〉中村 歌右衛門arcUP8898嘉永05・02・広貞「歌成院翫雀日光信士」「行年五十五歳」〈4〉中村 歌右衛門(墓石)、〈1〉中村 玉七arcUP8899嘉永05・02・広貞「翫雀」「五十七才」「嘉永五壬子歳二月十七日」〈4〉中村 歌右衛門arcUP9001_01嘉永05・10・arcUP9001_02嘉永05・10・広貞ヵ「岩ふじ」「壱」岩ふじ〈4〉三枡 大五郎arcUP9066嘉永05・08・豊国〈3〉「清玄尼」清玄尼〈1〉坂東 しうかarcUP9117嘉永05・05閏・芳員「佐藤忠信は吉野山にて義経に代り一山の衆徒を切抜都へ登り以前馴染を重し白拍子万司の方へいたりしに戦ひの労れ碁盤を枕に熟睡のいとま密に梶原の方へ内通し鎌倉の命をうけ江間の小四郎義時討手に向ひければ忠信怒りて散々に打なし終に刀の折を呑で切腹す」「白拍子万司」arcUP9118嘉永05・05閏・芳員(「佐藤忠信は吉野山にて義経に代り一山の衆徒を切抜都へ登り以前馴染を重し白拍子万司の方へいたりしに戦ひの労れ碁盤を枕に熟睡のいとま密に梶原の方へ内通し鎌倉の命をうけ江間の小四郎義時討手に向ひければ忠信怒りて散々に打なし終に刀の折を呑で切腹す」)「佐藤四郎兵衛忠信」arcUP9119嘉永05・05閏・芳員(「佐藤忠信は吉野山にて義経に代り一山の衆徒を切抜都へ登り以前馴染を重し白拍子万司の方へいたりしに戦ひの労れ碁盤を枕に熟睡のいとま密に梶原の方へ内通し鎌倉の命をうけ江間の小四郎義時討手に向ひければ忠信怒りて散々に打なし終に刀の折を呑で切腹す」)「江間ノ小四郎義時」
Entrance «First <Prev New search     login

Please enter the search conditions and click the button below.

Copyright © 1999- Art Research Center, Ritsumeikan University, All Rights Reserved.