ARC浮世絵ポータルデータベース/Ukiyo-e Portal Database詳細情報表示 13436件の内28件目を表示中 ImageNote UserMemo

クリックして画像のみのウィンドウを別々に開く→

縦A 縦B 縦C 縦D 縦E 縦F 横G 横H
同板作品表示 前の作品 新規検索 次の作品  
サムネイル一覧 簡易情報付一覧 ArtWiki English»
AcNo. CoGNo. arcUP0547  AlGNo. arcUP0547
絵師: 国芳 (Utagawa Kuniyoshi) 落款印章: 一勇斎国芳画(芳桐印) 絵師検索 
彫師:  人物検索 
判型: 大判/錦絵 続方向: 作品位置: 011 枚組の 003 番目  01 枚続の 01 枚目
  異版: Col重複: 1 All重複: 1
板元文字: 
版印1  145 板元1  797 板元名1:  山本 平吉 
改印:  村松、吉村  出版年月: 弘化04 (1847)・ 出版地:  江戸  同時作品
作品名:  「見立挑灯蔵」「三段目」 
      みたてちょうちんぐら 
上演年月日: 弘化04(1847)・ (~嘉永1年) 場所: 江戸
個別解説:画中文字「梅屋 おくりこす桃の節句の進物も下りの雛を饗応の役」 加古川本蔵は、主君桃井若狭之助に対する忠義心から高師直へ賄賂を進上し、鷺坂伴内がその目録を取り次いで読み上げる。提灯に描かれるのは、目録を読み上げる伴内と平伏する本蔵。本作品では美人が添え文を読みながら節句の進物に目をやる姿を、伴内の姿に見立てている。画賛の「桃の節句」に桃井若狭之助の名を効かせ、三段目の進物の場と、五節句の風習であった進物の贈答とを掛け合わせた作品である。
系統分類:  美人画  忠臣蔵  三段目 Chushingura  画題:   
所蔵:  立命館ARC 所蔵先管理No.:    資料部門: 浮世絵
Permalink:
続き物・組み物 1280× 1024× 800× 100×

所蔵資料の利用に関しましては所蔵資料ご利用ガイドをご覧ください。
If you wish to use image files not for personal, please click here.

Copyright © 立命館ARC. All Rights Reserved.
(System) Copyright © 2005- Art Research Center, Ritsumeikan University All Rights Reserved.