ARC所蔵・寄託品 浮世絵データベース詳細情報表示 11件の内7件目を表示中 ImageNote UserMemo

クリックして画像のみのウィンドウを別々に開く→

縦A 縦B 縦C 縦D 縦E 縦F 横G 横H
同板作品表示 前の作品 新規検索 次の作品  
サムネイル一覧 簡易情報付一覧 ArtWiki English»
AcNo. CoGNo. arcUY0013  浮世絵portal
絵師: 北英 (Shunbaisai Hokuei) 落款印章: 春梅斎北英画 絵師検索 
彫師:  人物検索 
判型: 大判/錦絵 続方向: 作品位置: 001 枚組の 001   02 枚続の 01 枚目
  異版: Col重複: 1 All重複: 1
板元文字:  天、天喜
版印1  353 板元1  498 板元名1:  天満屋 喜兵衛 
改印:    出版年月: 天保07 (1836)・01・ 出版地:  大阪  同時作品
作品名:  「犬飼見八 片岡市蔵」 
       
       
上演年月日: 天保07(1836)・ 01・ 場所: 大坂  興行年表 
興行名: 花魁莟八総  はなあにつぼみのやつふさ
外題: 花魁莟八総  はなあにつぼみのやつふさ 場名: 芳流閣の場
配役: 犬飼見八 〈1〉片岡 市蔵  役者DB 
組解説:曲亭馬琴作の読本『南総里見八犬伝』を原作にした歌舞伎芝居に取材したもの。里見家の宝刀村雨丸を滸我の館へ持参した八犬士の一人犬塚信乃は、村雨丸が偽物とすり替えられていたために間者と疑われ、滸我の家臣であった同じく八犬士の犬飼現八と高楼の芳流閣の屋根の上で血戦する場面である。この場面は立ち廻りが激しく、当時の役者評判記によると大変好評であったという。また芳流閣の場面は構図的にも面白いためか、江戸・上方絵を問わず数多く描かれている。
系統分類:  上方絵  八犬伝   画題:   
所蔵:  立命館ARC 所蔵先管理No.:    蔵印: 資料部門: 浮世絵
Permalink:
続き物・組み物 1280× 1024× 800× 100×

所蔵資料の利用に関しましては所蔵資料ご利用ガイドをご覧ください。
If you wish to use image files not for personal, please click here.

Copyright © 立命館ARC. All Rights Reserved.
(System) Copyright © 2005- Art Research Center, Ritsumeikan University All Rights Reserved.