浮世絵DB詳細情報表示 72件の内41件目を表示中 UserMemo

クリックして画像のみのウィンドウを別々に開く→

縦A 縦B 縦C 縦D 縦E 縦F 縦G 縦H
同板作品表示 前の作品 新規検索 次の作品  
サムネイル一覧 簡易情報付一覧 ArtWiki English»
AcNo. CoGNo. arcUY0119  浮世絵portal
絵師: 国貞〈1〉 (Utagawa Kunisada:1) 落款印章: 五渡亭国貞画 絵師検索 
彫師:  人物検索 
判型: 大判/錦絵 続方向: 作品位置: 001 枚組の 001   03 枚続の 01 枚目
  異版: Col重複: 1 All重複: 1
版印1  180 版元1  18 版元名1:  東屋 大助 
改印:    出版年月: 文政06 (1823)・05・ 出版地:  江戸  同時作品
作品名:  「松王丸 市川団十郎」 
       
       
上演年月日: 文政06(1823)・ 05・05 場所: 江戸 市村  興行年表 
興行名: 菅原伝授手習鑑  すがわらでんじゅてならいかがみ 場立: 一番目三の口
外題: 菅原伝授手習鑑  すがわらでんじゅてならいかがみ 場名: 車引のだん
配役: 松王丸 〈7〉市川 団十郎  役者DB 
組解説:時平に遺恨がある梅王丸と桜丸の二人が、吉田神社に参拝する時平の一行とそれに従う松王丸に遭遇し、兄弟三人で時平が乗る牛車を引き合う場面を描く。梅王丸と桜丸がそれぞれに持っているのは、引き合った際に折れた牛車の轅。この後牛車を踏み破って時平が登場し、梅王丸と桜丸はその威に押され、幕切れとなる。三人の兄弟は揃いの童子格子の下に、それぞれの名前にちなんだ「松・梅・桜」の衣装をつけており、隈取も松王丸が二本隈、梅王丸が一本隈、桜丸がむきみと、それぞれの役柄に象徴する化粧法となっている。
個別解説:評判記「菅原の松王もきつと見ごたへか厶り升た」。
系統分類:  役者絵   画題:   
所蔵:  立命館ARC 所蔵先管理No.:    蔵印: 資料部門: 浮世絵
Permalink:
続き物・組み物 1280× 1024× 800× 100×

所蔵資料の利用に関しましては所蔵資料ご利用ガイドをご覧ください。
If you wish to use image files not for personal, please click here.

Copyright © 立命館ARC. All Rights Reserved.
(System) Copyright © 2005- Art Research Center, Ritsumeikan University All Rights Reserved.