ARC浮世絵ポータルデータベース/Ukiyo-e Portal Database 690of15 ImageNote UserMemo

Click on a letter to open the image in a new window (Up to eight images can be kept on view using this function.)

A B C D E F G H
Variant Printing Prev New search Next  
Thumbnail Only Thumbnail with basic data ArtWiki 日本語»
AcNo. CoGNo. arcUP0547  AlGNo. arcUP0552
Artist: 国芳 (Utagawa Kuniyoshi) Signature: 一勇斎国芳画(芳桐印) Search artist 
Block Varver, Printer:  Search person 
Size & Technique: 大判/錦絵 Orientation: Position: 11 of 006 th  01 of 01 Pages
Col Overlap: 1 All Overlap: 1
Publisher's mark: 
Publisher seal1  145 Publisher code1  797 Publisher name1:  山本 平吉 
Censor's Seal:  村松、吉村  Date of publication: 弘化04 (1847)・ Place of publication:  江戸  Same time
Title:  「見立挑灯蔵」  「六段目」
      みたてちょうちんぐら 
Date of Performance: 弘化04(1847)・ (~嘉永1年)
Indivisual Description:画中文字「ひとゝほりきいてたべよと大小のさし艾をやいだすかはきり 宝木亭」。御用金とした五十両が舅の与市兵衛を殺して奪った金と思い込んだ勘平は、千崎弥五郎と原郷右衛門にも不義不忠をなじられ進退窮まり切腹をする。その直後に潔白は証明されるが、連判に血判をして勘平は息絶える。本作品は灸をすえるため墨で灸点の印を入れる美人の様子を、勘平が切腹する場面に見立てたもの。提灯の中に描かれるのは千崎であろうか。画賛中の「ひとゝほりきいてたべよ」は、勘平が千崎たちへ申し開きをする場面で使われる台詞。また「かはきり(皮切)」とは最初にすえる灸のことを指し、勘平が腹に刃を突き立てた時の激痛を連想させる。
Genre:  美人画  忠臣蔵  六段目 Chushingura  Theme:   
Series No.:   見立挑灯蔵
Collection:  立命館ARC Collection No.:    Material Genre: 浮世絵
Permalink:
Set images 1280× 1024× 800× 100×

所蔵資料の利用に関しましては所蔵資料ご利用ガイドをご覧ください。
If you wish to use image files not for personal, please click here.

Copyright © 立命館ARC. All Rights Reserved.
(System) Copyright © 2005- Art Research Center, Ritsumeikan University All Rights Reserved.