ARC浮世絵ポータルデータベース/Ukiyo-e Portal Database詳細情報表示 14件の内5件目を表示中 ImageNote UserMemo

クリックして画像のみのウィンドウを別々に開く→

縦A 縦B 縦C 縦D 縦E 縦F 横G 横H
同板作品表示 前の作品 新規検索 次の作品  
サムネイル一覧 簡易情報付一覧 ArtWiki English»
AcNo. CoGNo. kuni80-1520  AlGNo. kuni80-1520
絵師: 秀麿 () 落款印章: 秀麿画 絵師検索  画中人名:  - 人物検索 
判型: 間判/錦絵 続方向: 作品位置: 01 枚組の 01 番目  01 枚続の 01 枚目
  異版: Col重複: 1 All重複: 1
板元文字: 
版印1  板元1  板元名1:  未詳 
改印:  極、邑二  出版年月: 文化09 (1812)・09・ 出版地:  江戸  同時作品
作品名:  「青楼仁和嘉」  「助六所縁の江戸桜」「だい」「ほん」「十寸見菊楽 同 河洲 他弐人 三弦 山彦文次郎 他弐人」
      せいろうにわか  すけろくゆかりのえどざくら
      seirouniwaka  sukerokuyukarinoedozakura
配役: 十寸見蘭示  十寸見河州  外弐人  三弦:山彦文次郎  外弐人   役者DB 
組備考: 河東節の「助六所縁江戸桜」の女助六と白酒売り。浄瑠璃の十寸見蘭示(後に四十寸世蘭洲)と十寸見河州は、河東節の太夫であると同時に吉原の男芸者でもあった。三味線の山彦文次郎も男芸者で、父の三世山彦新次郎とともに、はじめは河東節の三味線方をつとめていた。しかし父の新次郎が一中節に転向し初世菅野序遊と名乗り独立したため、息子の文次郎も一中節に転向し、後に二世菅野序遊を継いだ。この前年、文化8年(1811年)2月江戸市村座で、七世市川団十郎の助六で「助六所縁江戸桜」が上演されている。
画中文字: だい/ほん
十寸見蘭示/同 河洲 外弐人
三弦 山彦文次郎/外弐人
系統分類:  美人画  吉原俄    三弦   画題:   
所蔵:  国立音楽大学附属図書館(竹内文庫) 所蔵先管理No.:  80-1520  資料部門: 浮世絵
Permalink:
続き物・組み物 1280× 1024× 800× 100×

所蔵資料の利用に関しましては所蔵資料ご利用ガイドをご覧ください。
If you wish to use image files not for personal, please click here.

©Kunitachi College of Music Library
(System) Copyright © 2005- Art Research Center, Ritsumeikan University All Rights Reserved.