ARC所蔵・寄託品 浮世絵データベース詳細情報表示 93件の内28件目を表示中 ImageNote UserMemo

クリックして画像のみのウィンドウを別々に開く→

縦A 縦B 縦C 縦D 縦E 縦F 横G 横H
同板作品表示 前の作品 新規検索 次の作品  
サムネイル一覧 簡易情報付一覧 ArtWiki English»
AcNo. CoGNo. arcUY0262  浮世絵portal
絵師: 春好 (Katsukawa Shunkō) 落款印章: 春好画 絵師検索 
彫師:  人物検索 
判型: 団扇絵/錦絵 続方向: 作品位置: 001 枚組の 001 番目  01 枚続の 01 枚目
  異版: Col重複: 1 All重複: 1
板元文字:  叶中
版印1  91 板元1  853 板元名1:  未詳 
改印:    出版年月: 寛政02 (1790)・03・ 出版地:  江戸  同時作品
作品名:  「関取幸左衛門 尾上松助」「関取長右衛門 松本幸四郎」「おはん 瀬川菊之丞」 
       
       
上演年月日: 寛政02(1790)・ 03・03 場所: 江戸 中村座  興行年表 
興行名: 春錦伊達染曽我  はるのにしきだてぞめそが 場立: 二番目
外題: 春錦伊達染曽我  はるのにしきだてぞめそが 場名: 中田圃の段
配役: 関取幸左衛門 〈1〉尾上 松助 関取長右衛門 〈4〉松本 幸四郎 おはん 〈3〉瀬川 菊之丞  役者DB 
組解説:おはん長右衛門の道行を描いた団扇絵。五十男の長右衛門と十代なかばのおはんとの、死への旅路の場面である。この上演の際には長右衛門を関取にして、道行の際に関取幸左衛門らが邪魔だてをする趣向を設けたらしく、この場の浄瑠璃を語ったのは富本斎宮太夫であった。お半長右衛門の道行図では、長右衛門がお半を背負った姿が描かれることが多いが、本図は長右衛門と幸左衛門とのたてを中心に描き、型にはまった構図をとらない点に、春好の工夫を感じ取ることができる。
系統分類:  役者絵   画題:   
所蔵:  立命館ARC 所蔵先管理No.:    蔵印: 資料部門: 浮世絵
Permalink:
続き物・組み物 1280× 1024× 800× 100×

所蔵資料の利用に関しましては所蔵資料ご利用ガイドをご覧ください。
If you wish to use image files not for personal, please click here.

Copyright © 立命館ARC. All Rights Reserved.
(System) Copyright © 2005- Art Research Center, Ritsumeikan University All Rights Reserved.