ARC所蔵・寄託品 浮世絵データベース詳細情報表示 1件の内1件目を表示中 ImageNote UserMemo

クリックして画像のみのウィンドウを別々に開く→

縦A 縦B 縦C 縦D 縦E 縦F 横G 横H
同板作品表示 新規検索  
サムネイル一覧 簡易情報付一覧 ArtWiki English»
AcNo. CoGNo. arcUP5863  浮世絵portal
絵師: 芳年 (Tsukioka Yoshitoshi) 落款印章: 芳年(「大蘇」) 絵師検索 
彫師:  彫工円活 人物検索  画中人名:  魁香舎主人 人物検索 
判型: 大判/錦絵 続方向: 作品位置: 001 枚組の 002   01 枚続の 01 枚目
  異版: Col重複: 1 All重複: 1
板元文字:  発行所 東京京橋区尾張町弐丁目壱番地 やまと新聞社 持主兼印刷人 奥隅欣二 編輯人 中泉政太郎
版印1  板元1  板元名1:  やまと新聞社 
改印:  駅逓局認可 明治十九年十一月九日 やまと新聞 第廿三号附録  出版年月: 明治19 (1886)・11・ 出版地:  東京  同時作品
作品名:  「近世人物誌」  「やまと新聞附録」「第弐」「中村福助」「中村芝翫の妻」
      きんせいじんぶつし  やまとしんぶんふろく、だいに、なかむらふくすけ、なかむらしかんのつま
      kinseijinbutsushi  yamatoshinbunfuroku daini nakamurafukusuke nakamurashikannotsuma
配役:  〈〉中村芝翫妻 阿光  〈3〉中村 福助  役者DB 
画中文字: 「俳優中村芝翫の妻は名を阿光と呼び 新吉原仲の町の茶や渡世尾張屋五兵衛の養女なり 光の芝翫に嫁するや世帯を仕舞ひ 母諸共一家を挙て移住せしものゝ如く 所謂合併世帯と云ふものめきたり 光の才女たるは梨園社会に隠れなきも 事を処するや大小となく芝翫の耳に入て 其承諾にあらざれば行はず 平素は柔和にして声高に人と物言たる事なし 然れども事に臨みて動ぜざるは男子と雖も及ばさるが如し 其一例を挙なば 一年土用休中芝翫菊五郎の一座にて静岡地方へ趣きたる事ありしに 其興行は充分の入ならずして得失償ふに足らざるより 立元は五日間の日延を一切無給にて出勤せよと乞ふて止ず 為に帰京の日取りを遅くし一同の迷惑大方ならず 剰さへ立元は元新徴組の何某など呼る鬼とも取組むべき屈竟の壮士四五人を頼みて 掛合に無給出勤の事を以てせかされば 一同怖れをなして之に答弁する者なきを 光みづから出会て弁解する所ありしに 壮士も其理に服して 日延の談爰に局を結び 其翌日帰京の途に就き 秋興行の初日に障り無りしに 偏に光の胆力に拠り 加之ならず糸竹の業は其専門家も遠く及ばざるの妙ありて 養子福助の曩に阿古やを演し 頃日朝皃に扮するや 琴は光の教授に出たりと 芝翫の性温良なるに此妻あり 天の配剤妙なりといふべし 魁香舎主人しるす」
系統分類:  役者絵  新聞錦絵   画題:   
所蔵:  立命館ARC 所蔵先管理No.:    資料部門: 浮世絵
Permalink:
続き物・組み物 1280× 1024× 800× 100×

所蔵資料の利用に関しましては所蔵資料ご利用ガイドをご覧ください。
If you wish to use image files not for personal, please click here.

Copyright © 立命館ARC. All Rights Reserved.
(System) Copyright © 2005- Art Research Center, Ritsumeikan University All Rights Reserved.