椿亭文庫歌舞伎番付閲覧システム

 

ご挨拶


 この度椿亭文庫の番付類を、赤間亮氏のお陰で公開することができるようになった。先ずお礼を申し述べる。私は蒐集家ではないので、これらの資料は雑多で統一のとれたものではない。研究上必要なもの、将来必要になるかもしれないものを、機会があれば購入するという、まことに場当たりの収集であった。しかし、半世紀という時間はたいしたもので、気がつけば相当量が手元に残っていた。そのうち私が利用できたものは一部分で、多くは整理して「歌舞伎年表」にメモを書き込むだけに終わった。これらのものを多くの研究者に利用していただくのを願っていたが、それも私の周辺の者だけに限られていた。

 数年前赤間氏より、それらを撮影してネット上で公開してはいかがと申し出を受けた。願ってもないことで喜んで快諾した。その後私の蔵書は、これらの資料とともに、大阪女子大学に寄贈することになった。身辺整理の一環である。従ってここに公開された番付類は、現在は大阪女子大学の所蔵するものとなっている。そのことをご理解の上、これらの資料を縦横無尽に利用されることを願っている。

 

2005年3月25日 土田 衞

 

椿亭文庫番付閲覧システムに入る

 
1,  本データベースは、椿亭文庫(土田衞氏旧蔵)の歌舞伎・浄瑠璃番付の基本的書誌情報から高精細のデジタル画像を呼出し、利用者の所望する資料の閲覧を可能にしたものである。
2,  原本は、大阪府立大学学術情報センター図書館に所蔵されている。原本の閲覧を希望する場合は、直接、該図書館に閲覧申請をすること。
3,  掲載資料のデジタル画像を紙媒体・WEB媒体等に転載する場合は、下記までお問合せください。

大阪府立大学学術情報センター図書館
TEL: 072-254-9150(代)

4,  本データベースに含まれるテキストデータは、立命館大学アート・リサーチセンターが著作権を所有してる。法律に反した方法での利用については、許可しない。
5,  当データベースを利用して、研究論文等をまとめた場合、本URLを明記し、本データベースを利用した旨を記載すること。

 

  トップページへ ARC番付閲覧システム
(椿亭文庫といっしょに他の所蔵機関の番付が閲覧できる。)
   

ご意見・ご質問はこちら

Copyright © Art Research Center, Ritsumeikan University All rights reserved.
更新日: 2016/01/10