立命館大学 京都近代染織資料データベースプロジェクト

お知らせ

更新情報や、最近の活動などについてお知らせします

国際ワークショップ「学術資料としての『型紙』-資料の共有化と活用に向けて」の報告書が公開されました

2016年10月29日・30日に、アート・リサーチセンターにて開催された国際ワークショップ「学術資料としての『型紙』-資料の共有化と活用に向けて」の報告書が公開されました。

ワークショップでの発表内で提示・配布された資料を中心に構成されています(紹介画像等、一部内容に変更があります)。出席者間で共有したほか、アート・リサーチセンターウェブサイト等で公開されています。本プロジェクトからは、木立・山本・枝木が型紙の修理作業を中心に報告しました。
報告書データの閲覧・ダウンロードは こちらのリンク をご利用ください。