浮世絵DB詳細情報表示 556件の内2件目を表示中 UserMemo

クリックして画像のみのウィンドウを別々に開く→

縦A 縦B 縦C 縦D 縦E 縦F 縦G 縦H
同板作品表示 前の作品 新規検索 次の作品  
サムネイル一覧 簡易情報付一覧 ArtWiki English»
AcNo. CoGNo. arcUP0014  浮世絵portal
絵師: 国周 (Toyohara Kunichika) 落款印章: 国周筆(年玉印) 
彫師:  太田彫升
判型: 大判/錦絵 続方向: 作品位置: 001 枚組の 001 番目  01 枚続の 01 枚目
  異版: Col重複: 1 All重複: 1 (撮影G: 頁:  1 )
版元文字:  人形町、具足屋
版印1:  490 版元1:  283 版元名1:  具足屋 嘉兵衛 
改印:  巳五改  出版年月: 明治02 (1869)・05・ 出版地:  東京  同時作品
作品名:  「苅萱道心 沢村訥升」 
       
       
上演年月日: 明治02(1869)・ 05・19 場所: 東京 守田
興行名: 時代世話操見台  じだいせわあやつりけんだい
外題: 時代世話操見台  じだいせわあやつりけんだい 場名: 高野山の場
配役: 苅萱道心 〈2〉沢村 訥升 役者DB
組解説:「苅萱道心筑紫☆」の五段目にあたる高野山の場面を描く。九州の大名加藤繁氏は今は苅萱道心と名乗り高野山で修行する身。そこへ父を尋ねて一子石童丸が訪れるが、仏に使える身ゆえに親子の名乗りもせず、つれなく追い返す。<5>沢村宗十郎がこの苅萱道心で大当りをとって以来、沢村家のお家芸として今日に至っている。画面周囲の枠にある紋の「☆菊」は沢村家の替紋。この一連の具足屋から刊行された大首絵のシリーズは国周の代表作で、国周が明治の写楽と呼ばれるのもこのシリーズの高い評価をうけてのものである。
系統分類:  役者絵   画題:   
所蔵:  立命館ARC 所蔵先管理No.:    蔵印: 資料部門: 浮世絵
Permalink:
続き物・組み物 1280× 1024× 800× 100×

所蔵資料の利用に関しましては所蔵資料ご利用ガイドをご覧ください。
If you wish to use image files not for personal, please click here.

Copyright © 立命館ARC. All Rights Reserved.
(System) Copyright © 2005- Art Research Center, Ritsumeikan University All Rights Reserved.