「忠臣蔵」関連年表

 絞込検索

95 件の内1 件目から 50 件目を表示中

件目に 件表示で

エントランスへ     新規検索 次ページ> 最後»  
期間(年月日) 内容 分類 地域 ジャンル 出典・原典
詳細 元禄14(1701) ・02・04
~() ・ ・ 
浅野内匠頭長矩   浅野内匠頭長矩 、勅使御馳走役となる    江戸  忠臣蔵   
詳細 元禄14(1701) ・03・14
~() ・ ・ 
浅野内匠頭長矩 、吉良上野介   浅野内匠頭長矩 、江戸城松の廊下で 、吉良上野介に刃傷に及ぶ    江戸  忠臣蔵   
詳細 元禄14(1701) ・05・21
~() ・ ・ 
   赤穂城明渡しの手続完了    赤穂  忠臣蔵   
詳細 元禄14(1701) ・06・24
~() ・ ・ 
大石内蔵助良雄   大石内蔵助良雄ら 、主君の百箇日法要を行う      忠臣蔵   
詳細 元禄14(1701) ・09・ 
~() ・ ・ 
   吉良上野介 、本所に移転    江戸  忠臣蔵   
詳細 元禄14(1701) ・12・ 
~() ・ ・ 
   大石らは 、浅野大学をたて 、浅野家の再興を方針とする      忠臣蔵   
詳細 元禄15(1702) ・02・ 
~() ・ ・ 
   大石ら 、山科で会合を持つ    山科  忠臣蔵   
詳細 元禄15(1702) ・07・ 
~() ・ ・ 
浅野大学   浅野大学の閉門が解除される。    江戸  忠臣蔵   
詳細 元禄15(1702) ・07・ 
~() ・ ・ 
   京都円山の会議で討ち入りの方針が確認される。    京都  忠臣蔵   
詳細 元禄15(1702) ・10・ 
~() ・ ・ 
   錦文流「傾城八花形」竹本座。  興行  大阪  忠臣蔵 、人形浄瑠璃   
詳細 元禄15(1702) ・12・14
~元禄15(1702) ・12・15
   赤穂浪人46名が 、吉良邸に討ち入る    江戸  忠臣蔵   
詳細 元禄15(1702) ・12・15
~() ・ ・ 
   赤穂浪人46名 、四家お預け :泉岳寺の浅野内匠頭墓前に吉良の首を供え、46人は四家にお預けになる。   江戸  忠臣蔵   
詳細 元禄16(1703) ・01・ 
~() ・ ・ 
   宮崎伝吉(作)「傾城阿佐間曽我」山村座  興行  江戸  忠臣蔵 、歌舞伎   
詳細 元禄16(1703) ・01・ 
~() ・ ・ 
   「難波染八花形」宇治座  興行  京都  忠臣蔵 、人形浄瑠璃   
詳細 元禄16(1703) ・01・ 
~() ・ ・ 
   近松(作)「傾城三の車」早雲座  興行  京都  忠臣蔵 、歌舞伎   
詳細 元禄16(1703) ・02・04
~() ・ ・ 
   赤穂浪人46名 、全員切腹。  事項  江戸  忠臣蔵   
詳細 元禄17(1704) ・ ・ 
~() ・ ・ 
   「介石記」  小説    忠臣蔵 、実録   
詳細 宝永02(1705) ・08・ 
~() ・ ・ 
   西沢一風『傾城武道桜』 :菊屋七郎兵衛(板) 出版  京都  忠臣蔵 、浮世草子   
詳細 宝永04(1707) ・01・ 
~() ・ ・ 
   『傾城播磨石』 :柏屋勘右衛門(板) 出版  京都  忠臣蔵 、浮世草子   
詳細 宝永05(1708) ・01・ 
~() ・ ・ 
   車屋忠右衛門(作)「福引閏正月」亀谷座  出版  京都  忠臣蔵 、歌舞伎   
詳細 宝永05(1708) ・06・ 
~() ・ ・ 
   都の錦(作)『播磨椙原』  小説  江戸  忠臣蔵 、実録   
詳細 宝永07(1710) ・06・ 
~() ・ ・ 
   吾妻三八「鬼鹿毛武蔵鐙」篠塚座  興行  大阪  忠臣蔵 、歌舞伎   
詳細 宝永07(1710) ・07・ 
~() ・ ・ 
   近松(作)「兼好法師物見車」上演 :赤穂義士の仇討を「兼好法師物見車」「碁盤太平記」に仕組む。 興行    人形浄瑠璃 、忠臣蔵   
詳細 宝永07(1710) ・07・ 
~() ・ ・ 
   近松(作)「碁盤太平記」上演 :赤穂義士の仇討を仕組む。 興行  大阪  人形浄瑠璃 、忠臣蔵   
詳細 宝永07(1710) ・07・ 
~() ・ ・ 
   紀海音(作)「鬼鹿毛無佐志鐙」豊竹座初演。  興行  大阪  人形浄瑠璃 、忠臣蔵   
詳細 宝永07(1710) ・07・ 
~() ・ ・ 
   「太平記さゞれ石」夷屋座  興行  京都  忠臣蔵 、歌舞伎   
詳細 宝永07(1710) ・07・ 
~() ・ ・ 
   「硝後太平記」夷屋座 :この頃、京阪で他にも忠臣蔵物を上演している。 興行  京都  忠臣蔵 、歌舞伎   
詳細 宝永07(1710) ・07・08
~() ・ ・ 
   江島其磧(作)『傾城伝授紙子』 :八文字屋八左衛門(板) 出版  京都  忠臣蔵 、浮世草子   
詳細 宝永07(1710) ・09・ 
~() ・ ・ 
   浅野大学 、阿波国に知行を得て 、浅野家再興。  事項    忠臣蔵   
詳細 宝永08(1711) ・01・ 
~() ・ ・ 
   最古の忠臣蔵浮世絵「信田会稽夜討」 :鳥居派、伊賀屋板。 出版  江戸  忠臣蔵 、浮世絵   
詳細 宝永08(1711) ・01・ 
~() ・ ・ 
   『忠義武道播磨石』 :菱屋治兵衛(板) 出版  京都  忠臣蔵 、浮世草子   
詳細 正徳02(1712) ・02・ 
~() ・ ・ 
   「関東二度の敵討」萩野・宮崎座  興行  大阪  忠臣蔵 、歌舞伎   
詳細 正徳02(1712) ・07・ 
~() ・ ・ 
   江島其磧(作)『忠臣略太平記』 :江島屋市郎左衛門(板) 出版  京都  忠臣蔵 、浮世草子   
詳細 正徳03(1713) ・ ・ 
~() ・ ・ 
   青木鷺水(作)『高名太平記』  出版    忠臣蔵 、浮世草子   
詳細 正徳03(1713) ・01・ 
~() ・ ・ 
   『寛濶鎧引』 :金屋平左衛門(板) 出版    忠臣蔵 、浮世草子   
詳細 正徳03(1713) ・01・ 
~() ・ ・ 
   『今川一睡記』  出版    忠臣蔵 、浮世草子   
詳細 正徳03(1713) ・09・ 
~() ・ ・ 
   『西海太平記』  出版    忠臣蔵 、浮世草子   
詳細 正徳05(1715) ・ ・ 
~() ・ ・ 
   宮津市知恩寺奉納絵馬「討入図」  奉納  丹後  忠臣蔵 、絵馬   
詳細 正徳06(1716) ・06・02
~() ・ ・ 
   津打治兵衛(作)「大系図繋馬」市村座  興行  江戸  忠臣蔵 、歌舞伎   
詳細 享保02(1717) ・01・ 
~() ・ ・ 
   『忠義太平記大全』 :菱屋治兵衛(板) 出版  京都  忠臣蔵 、浮世草子   
詳細 享保02(1717) ・04・ 
~() ・ ・ 
   「忠臣いろは軍記」沢村座  興行  大阪  忠臣蔵 、歌舞伎   
詳細 享保10(1725) ・07・ 
~() ・ ・ 
   長谷川千助・中田嘉右衛門(作)「小夜衣二張彎将」嵐座  興行  大阪  忠臣蔵 、歌舞伎   
詳細 享保11(1726) ・07・ 
~() ・ ・ 
   「大矢数四十七本」嵐座  興行  大阪  忠臣蔵 、歌舞伎   
詳細 享保17(1732) ・10・ 
~() ・ ・ 
   並木宗助・小川丈助・安田蛙文「忠臣金短冊」豊竹座初演。  興行  大阪  人形浄瑠璃 、忠臣蔵   
詳細 享保17(1732) ・11・ 
~() ・ ・ 
   「大石宮内一代記」筒井座  興行  名古屋  忠臣蔵 、歌舞伎   
詳細 享保20(1735) ・03・ 
~() ・ ・ 
   津打治兵衛・津打九平次・玉松小十郎「鎧桜故郷錦」中村座  興行  江戸  忠臣蔵 、歌舞伎   
詳細 享保20(1735) ・03・ 
~() ・ ・ 
   戸川不琳・豊田新助・中田嘉右衛門「忠臣いろは軍記」中村座  興行  大阪  忠臣蔵 、歌舞伎   
詳細 享保20(1735) ・03・ 
~() ・ ・ 
   「兼好法師物門」小野川座  興行  名古屋  忠臣蔵 、歌舞伎   
詳細 元文03(1738) ・07・ 
~() ・ ・ 
   「忠臣いろは夜討」宇治座  興行  京都  忠臣蔵 、人形浄瑠璃   
詳細 元文05(1740) ・01・ 
~() ・ ・ 
   津打次兵へ・藤本斗文・津打九平次・津打半十郎「豊年永代蔵」市村座。  興行  江戸  忠臣蔵 、歌舞伎   
新規登録     新規検索 次ページ> 最後» ログイン

検索条件を入れたら下のボタンをクリックしてください。

間違い・疑問点をお知らせください。←ここをクリック
Copyright (c) 2000-2005, Ryo Akama